忍者ブログ

日々のニュース情報を投稿しています。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ツカサネット新聞」のようなネットメディアの世界は、自ずからマスメディアの世界とは異なっている。それはマスメディアと比べて、良さもあるが当然、不便さもある。気をつけなければならないのは、「良さ」(愉快)の裏には「不便」(不愉快)がべっとりと貼りついていることである。よくいわれる、「ネットメディア」の良さは、人々の多様な意見がわかるということである。マスメディアの世界は、たしかに統一性が保たれている。記事にしても、その会社ごとの一定の方針にしたがって書かれている。論調はなるべく、ぶれないように整えられているし、仮に社の見解を変えざるを得ない場合は、なぜ変えたのかその理由などが説明され読者が不安?に陥らないように工夫されている。投書欄にしてもそうである。新聞社ごとに、投書欄については一定のカラーがあるし、全体に落ち着いている。朝日新聞は朝日新聞なりに、産経新聞は産経新聞なりに落ち着いている。論調もそうだし、文章の調子もそうだ。編集部が手を加えることにより、どの投書もまとまった文章で、きれいに整理されたものばかりだ。ところが、「ネットメディア」の世界はどうだろう。「ネットメディア」といっても各種あり、マスメディアと類似の編集方針を掲げているところもあるようだ。毎月、優秀記事を表彰するような形式をとっているところは、自ずから書き手が、その優秀記事の書き方にならって、ある種の統一性を帯びることもあるだろう。
「ツカサネット新聞」は、私の見たところ、そのような編集の仕方を極力自制しているようである(決して編集方針というものがないのではないが、それはあまりギラギラと表に出さないようにしている)。その結果、「ツカサネット新聞」には、今日、人々の議論が分かれるような問題(特に政治や、民族、格差、世代の相違などがからむ問題)について、両極端の意見が交互に紙面に登場するようになる。また、文章の書き方などについても、編集をほとんど加えることがないため、その記事は、さまざまなユニークな文章のオン・パレードとなる。たしかに他人のいろんな考えは分かる。しかし、これにはすでに書いたように、便利さと不便さが裏表の関係にある。というのは、人には実に多様な見解があって、それを(自分の頭の中にインプットして)いちいち考慮に入れていら、物事をとらえていく上で、わずらわしくてしようがないところがあるからだ。例えば、携帯電話の普及によって、歩いていると人の電話のやり取りが突然、耳に入ることが多くなった。これは通常の会話と違って、片方の話しか聞こえないので、逆にこちらの注意を奪ってしまうことがある。その聞こえてくる内容(話し方)は、(意外とみな、きちんとした話し方をしているのだなと好意を抱くこともあるだろうが)「わずらわしい、聞こえてこないほうがいい」と思うことのほうが多いのではないだろうか。つまり、「他人の多様な考え」は、わかったほうがいいこともあれば、そんなものを知ってもただ、わずらわしい場合もあるということである。少し極端な言い方をさせてもらえれば、人間はみな、ある種の「妄想」を抱いて生きている。「妄想」という表現が気にいらなければ、「世界観」「生活観」といってもいい。ただし、人々はいつも他人に対して、この「妄想」を開示しているわけではない。
初めて会う人に向かった場合は、遠慮(警戒)して言わない、しかし自分と同じような「妄想」を抱く仲間だと分かったら、その「妄想」を相手に話す、というように一定の秩序が保たれている。マスメディアというのは、このような人々の抱く「妄想」をある種共通のもの、最大公約数的なものにする「妄想の中和剤」ないし、「妄想の交通整理」(精神安定剤)的な役割があるのかもしれない。人々は、自分がどのようなものがお気に入りか、によっていくつかのマスメディアが存続することになる。実は「ネットメディア」の世界においても、この「妄想の交通整理」(精神安定剤)的な役割を、だれが、どのように発揮していくのか、それが問われているのではないか。そうでないと、「ネットメディア」を昔のマスメディアのように、何年、何十年と見続ける気力を維持することができないからである。マスメディアは、毎朝、それを見ると、ある種、気持ちが落ち着くようにつくられている。そのような「落ち着き」「気持ちのよさ」が今の「ネットメディア」には欠けているように感じる。ただ、アクセス数(投稿数)だけを競いあって(?)いて、非常に落ち着きがないような印象を受ける。そして、こうした「妄想の交通整理」(精神安定剤)的な役割が安定的に機能しない限り、「ネットメディア」はせいぜい、マスメディアの補完物的な存在で終わってしまうのではないのかという気がする。マスメディアは、今日、たしかに経済的には危機に瀕しているだろう。しかし、マスメディアが経済的に破綻してしまうとともに(あるいはその前に)、現在のような「ネットメディア」はそれぞれが消滅してしまうおそれすらある。そうならないためには、例えば「ツカサネット新聞」が何であり、何を目指すのか。「ツカサネット新聞」が考える「記事」とは何であり、「記者」とは何を目指すべきか。もっと(「ツカサネット新聞編集部」もまじえた)問題提起ないし意見交換の場があってもよいように思う。ただし、私は「物事は、きちんと話し合えば、いつも必ず妥当なところに話が決着しうる」と思っているわけではない。それにしても、もっと相互の問題提起と意見交換が必要であろう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
イメチャ-痴漢4 ちさと OL・27歳
イメチャ
URL 2009/12/05(Sat)18:50:21
プロフィール
HN:
ポチ
性別:
非公開
Copyright デイリーニュース~Daily News by ポチ All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]